☆ 今一番の 注目 情報 ☆

2010年04月22日

いったい、いくつ欲しいんだい?



護身用に銃の携帯を許容している国々と、

法律で、銃の所持を禁止している国々の認識の

違いも有るのか?

有ってはいけない、殺人目的の核を、

「必要数だけ」保持する権利を認めるなんて言う事を、

許容すれば、ノーベル平和賞は剥奪されてしかるべきでしょうね。



  それでも、北の将軍さんは、要求が通ると思っているのか?

  そんなに欲しいのなら、アメリカから直送(直接落として)してもらえば!!
posted by 山猫 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。